車検の見積もりを読み解く方法を教えます

車を所有していると定期的に行わなければならないものの一つとして車検があります。車検を実施できるところはいろいろあります。ディーラーやスタンド、町工場などです。車検の内容は、整備代金と法定費用です。法定費用というのは、重量税と自賠責保険また印紙代を合計した金額のことを言います。ということは、法定費用はどこで車検を受けても同じ金額になります。受けるところで違いが出てくるのは、どこをどのようにどんな金額で整備するかで違いが出ることがわかります。そのため、車検は前もって複数の見積もりをとっておき、比較しておいたほうがいいと思います。日々車を乗ることで、車の部品も消耗していきます。消耗したものの交換を行って、故障などがないか確認し車の調子を整えていくのが車検になります。

初心者向け車検の基本と見積もりの方法

車検の見積もりには2つあります。簡易見積もりと整備見積もりです。簡易見積もりとは、電話やインターネットで車の状態を入力または、伝えるだけでだいたいの見積金額を答えてもらえるものです。様々なところで簡易見積もりをとることで、所有する車の車検の相場を知ることが出来ます。もう一つの整備見積もりとは、車検の前に実際に車を見てもらい見積もりを出してもらうことです。実際に車を見てもらいますので、整備見積もりが実際の車検金額となります。故障しているところがないか、消耗している部品の交換の必要があるかなど直接相談し、話を進めることが出来ます。簡易見積もりで先に相場を知っておくことで、無駄に高い部品を交換されてしまったり、何も知らずに不安なまま本番を迎えることを避けられます。

見積もりの大切さと車検の注意点

一つ忘れてはならないことがあります。車検は、定期点検とは違います。公道を走行するにあたり保安基準に適合しているかどうか検査するものです。車検の際に故障しているところが見つかれば部品交換になりますが、車検時に故障していなくて、部品が消耗していても基準を満たしていれば、車検は通ってしまいます。点検とは違うという認識をしっかり持ったうえで迎えることがいいでしょう。また、ディーラーやスタンド、町工場など車検を実施しているところはいろいろあります。車検に対して選択する側も事前に備えることで安全に車を乗ることが出来るでしょう。そのため、初心者であれば車検の1カ月前くらいから複数の見積もりを取って、比較してどのような違いがあるのか知って起きたほうが、本番の車検時に役に立つことと思います。