車検の見積もりを比較検討する方法を説明します

公道を走る自動車は、法律により2年に1度車検を受けます。ひと昔前までは、車検が受けられる場所はディーラーと整備工場だけでしたが、法律の改正により最近では、ディーラーや整備工場だけでなく、ガソリンスタンドなどでも車検が受けられるようになりました。また、車検を受ける際には事前に見積を取るという人も多いですが、最近はカー用品店やガソリンスタンドでも無料で車検の見積を行ってくれるところも増えており、より気軽に車検が受けられるようになっています。そんな車検の見積予約をする方法には、実際に車検を依頼する業者に足を運んで見積予約をする方法と電話で見積予約する方法がありますが、近頃はパソコンやスマートフォンからでも気軽に車検見積の申し込みができるインターネット予約を行っている業者も多いです。

車検前に見積を依頼した方がいい理由とは?

車検前に見積を取ることのメリットはいくつかありますが、事前に見積を取ることでおおよその内訳を把握することができるという点は、特に事前に車検の見積を行う上で大きなメリットであるといえます。また、複数の業者から車検の見積を取ることで、比較検討することができ、より満足のいく車検を受けることができます。その他にも、最近では車検が格安で受けられると謳っている業者も多いですが、車検が格安で受けられると謳っている業者の中には悪徳な業者も少なからず存在するため、初めて車検を受ける場合は特に注意が必要です。実際、複数の業者から車検の見積を行うことは、正直面倒なことでもありますが、複数の業者から車検費用やサービスを比較するということは安心して車検を受けられるだけでなく、車検後のトラブル回避にも繋がるといえるでしょう。

車検の見積を依頼する際の注意点

事前に業者に車検の見積を依頼する場合は、車検の見積を行う時期に注意が必要で、一般的に車検の見積は車検をお願いする1か月前がいいといわれています。1か月前と聞くと早すぎるのではと思う人も多いですが、複数の業者から見積を取る場合や、見積もりを取った業者から比較検討する場合は十分に余裕を持つことが何より大事なため、業者に車検の見積を依頼する場合はある程度ゆとりを持って行うことが重要です。また、車検の見積費用の内訳というのは主に法定費用と整備代金の2つに分類することができますが、法律で定められている法定費用とは違い、整備代金は一律の料金ではないため、車検を依頼する業者や整備内容によって大きく異なり、車が故障している場合や、部品の消耗が激しい場合は車検にかかる費用にも大きく影響してしまいます。