介護士への転職の際に知っておきたいイロイロ

介護士の転職にまず一つの合格点を出すのならば、「介護福祉士」の資格を取ることです。これは3年以上の実務経験がないと取れないので、必然的に3年の実務経験があるという証拠になります。介護士の世界は、3年あればかなりの戦力として期待されます。そのため、転職にかなり有利になります。介護士の転職として基本的に必要なのが、「介護職員初任者研修」です。
これがないと介護士の転職はかなり難しいものとなります。ただ、これさえあれば、簡単に他の職場に移ることができます。何処の施設も人手不足で、そうした即戦力になる資格というのは持っておいて損はないです。それさえできていれば、他は何もいらないという施設も多いです。まずは資格。そして、技術。更には、年数。それが基本となります。

介護士の転職で、知っておきたいキーポイント

介護士の転職は楽です。他の仕事場よりも楽であることは間違いないです。何処の施設でも人手不足です。何故、人手不足かわかりますか。それは、何処もきついからです。お局さんが幅をきかせているというのは、よくあることです。特にパートの人は、夜勤の入る正社員よりも日中の様子を知っています。そのため、その知識を生かして自分が如何に有能な人間であることをアピールし、駄目だしを何度もすることが多いです。また、肉体的にも精神的にも浪費する仕事なので、嫌な入居者がいるだけで嫌になることもあります。キーポイントとなるのは、入所者の家族です。家族にとっては、どんな状態になっても配偶者や親です。そして、そうした場合、些細なミスで凄いクレームがやってきます。介護士の転職は結局は人次第なのです。

介護士の転職は、難しいのか簡単なのか

介護士の転職は、簡単です。人手不足で何処も人を欲しがっています。しかし、辞める人が多いので、続けるには難しい職場であるとも言えます。腰を痛めたり、精神的に駄目になったりするケースが多いので、そうした場合は介護士の転職をした上で続ける大変さというのが圧し掛かってきます。ただ、介護士の転職は、技術が全てなので、簡単です。介護士としての技術が確立していれば、どの施設にも転職できます。そうした能力主義な部分はあるのです。介護士の転職は手軽にできます。しかし、そうした状況から介護士の転職を繰り返す人もいます。普通の仕事と違って、腰を据えるということがあまりないのです。3年続ければ介護士として立派です。転職がしやすいというのはメリットですが、別の視点から見るとデメリットでもあるのです。

2016年9月29日