介護士への転職に有利な資格を解説します

介護士で最も効果を発揮するのは、「介護福祉士」という資格です。「介護福祉士」は、介護士としては一種のステータスとなっています。つまりは、なんでも介護はできますよ、という証明書のようなものです。次に役経つのは、「介護職員初任者研修」です。これは転職する際に、施設が保有していることを応募条件にしていることが多いです。中には資格なしで入れるところも多いですが、多くの場合は「介護職員初任者研修」があって初めて応募できるというのは現状です。これは介護の基礎的な部分を学ぶものです。ベッドメイキングや、介護の考え方などそうした基礎的なものを取得していますよ、という証明書なのです。また、痰吸引などの資格も介護士でありながら、医療行為ができるので重宝されます。

介護福祉士を手に入れるためには

「介護福祉士」を手に入れるには3年の実務経験が必要です。ただ、これが難しいです。介護の世界は入れ替わりが激しい世界です。どんなことをしてもその施設にしがみつきたいという奇特な人はいません。大体は人間関係が嫌になって辞めていきます。3年も腰を据えて働くというのは、かなり難しいです。それに加えて、「介護福祉士」には「介護福祉士実務者研修」という資格が必要になりました。前まではそんなものいらなかったのですが、「介護福祉士」の難易度を上げるために、政府が新たに制度を設けたのです。「介護福祉士実務者研修」は、テストがあり、本気で挑めば普通は落ちることはありません。しかし、勉強をサボっていたりすると落ちることもあるギリギリのラインのレベルとなっています。

スクールで資格を取るという手段

「介護職員初任者研修」や、「介護福祉士実務者研修」は主にスクールで取ります。専門のスクールに通ってそれで資格を手に入れるのです。ただ、毎日通うわけではありません。基本的にはレポート提出で週1回くらいにスクーリングがあるという通信制高校のような雰囲気です。取得期間は平均して1か月程度です。仕事の関係で休みが取れないなどの理由があれば、もっと長引くことになりますが、そうした介護系の転職に役立つ資格は延滞金などは発生しないことが多いので、安心です。転職は、人生を決める大きな分岐点です。それをしっかりと把握して、戦略的に資格を取っていく必要があります。介護士の転職は資格さえ持っていれば比較的に楽です。そして、その資格を手に入れるのもそこまで難しくないのでおすすめです。

2016年9月29日