どこに車検の見積もりを頼んだらいいのか説明します

車検を行う方法は、車を売ってくれたディーラーに持っていく方法が真っ先に思い浮かぶ方もいると思います。他には専門工場や、中古車販売、カー用品店、時には廃車工場やガソリンスタンドでも行われています。これは整備をする人間がいる、もしくは民間の整備工場などに依頼できる、車に関わる会社であれば、質や金額を意識しなければどこでもできるということです。もちろん認可がおりていることも必要です。そんな場所であれば、どこでも見積をとることができます。時間とやる気さえあれば、その全ての見積もりを自ら取りに行き、比較することもできますが、現実的ではありませんし、商売熱心な会社の場合、なかなか帰ることができないことになりかねませんので、できれば2、3社に絞ることが大切です。見積もりはどこでも頼めます。ただ見積もりを取りにいった際、契約を強要されたという噂のあるような場所は、辞めておくべきです。

見積もりを取りに行くのが面倒なら自分で車検を行う方法もある

こんなにたくさんの車の関係の会社があると、どこに車検をお願いすればいいのかわからなくなります。一番安く仕上げるには、自分で陸運局に持っていき、自分で手続きなどを行うことです。もちろん検査場もありますが、自分で点検をする必要があります。こちらは国に治めるお金だけで済みますから他に比べて安いですが、点検項目以外の点検はありませんし、もちろん修理もできませんし、修理箇所があれば、結局整備工場などに持っていくことになります。そしてその後、再度自分で陸運局に持って行って点検をするという作業になります。これは車の知識や、手間暇を惜しまないという気力、体力などが必要になります。ただ他の工場やディーラーに依頼するのであれば、見積をとって、いくらかかるのか、だけでなく、何を調べてくれるのかを見る必要があります。

どこに車検の見積もりをだしても問題はないのか

ディーラーであれば、隅から隅まで車の点検をして、持ち主に許可を取った上で修理を行い、その上さらに車内外の掃除もしてもらえます。まさに至れり尽くせりです。ただし少し高い料金がかかります。次に車検専門の会社や整備工場です。ディーラーよりの安価ですが、必要な技術、設備はありますし、極端な修理がなければ、必要最低限の手入れで済みますし、専門会社は流れ作業で台数をこなしていきますから、比較的短い時間で作業が終わります。またカー用品店やガソリンスタンドも、設備のあるお店である場合は、比較的安くかつ安心できる技術があることが多いです。ただ受付だけをするお店の場合、検査自体の問題がなくても、勝手にお願いしていない部分の修理が行われるなどのトラブルもありますので、注意が必要です。これらの事を考えて、どこで見積もりを取るのかを考えると良いと思います。