車検の見積もり方法をわかりやすく説明します

車検を受けていない車は公道を走ることが禁じられていて、これに違反をすると点数での減点が6点と、30万円以下の罰金が課せられてしまいます。さらに任意保険も失効している状態ですので、万が一の時には補償が一切されませんので大変なことになってしまいます。車検を忘れずに受ければ、少なくともこのような事態には陥らずに安心安全なカーライフを過ごせますので、車検時期はきちんと確認しておきましょう。そうは言っても大きな費用がかかる場合がありますので金銭面での計画も考えながら、ご自分に合った検査をしてもらえる業者を探しておくことは必要です。多くの場合、車を買った販売店などの関係者からまずは、車検のお誘いもあるかと思いますが、他にも相性の良い業者があると思いますので調べてみるのも良いでしょう。その時には業者に費用の見積もりを出してもらい、車検内容とともにそれも比較検討してみましょう。

車検の見積もり費用には法定費用と点検整備費用が入ります

車検の見積もりをすると、費用の内訳は法定費用と依頼した業者による点検や整備にかかる費用との2つに分かれています。ですから、見積もりを数社から出してもらって金額が違ってくるのは、法定費用以外での金額ということになります。サービスの内容であったり、部品を交換した場合は部品価格や整備士の人件費といったようなところで、金額には差が出てくるケースが多いです。検査の費用はこのように選んだ業者によって違いますが、おおむね普通車の車検の相場が6万〜12万、軽自動車の場合は普通車よりも安くて約5万〜8万と言われています。これは主に法定費用にあたる重量税が、軽自動車の方が安いためです。重量税は車の重さによって課せられていますので、大きい車になるほど高い税金となります。この重量税が占める割合が大きいことを考えると、車検費用を節約したい場合には軽自動車の所有の方が有利でしょう。

車検を受ける場所によっても見積もり費用が変わってきます

車検は車販売店やガソリンスタンド、車検業者の工場で受ける場合と、車検センターやディーラーで受ける場合とでも費用に差が出ます。後者の方は陸運局にわざわざ車を持ち込まなくてもよく、その分のコストが安く済むのです。つまり国土交通省からの指定工場が自社の工場内にあるような業者で車検が受けられれば、見積もり費用も非常に安くつきます。また他にも費用が安くなる方法としては、ユーザー車検を利用する方法があります。これは運輸支局等まで自分で車を持ち込み、検査を受けるという方法で、業者を通さないので費用がかなり抑えられます。ただご自分でする事も多いですので、ある程度の知識を持って行わなければならないでしょう。どこで検査をするにしても、車検証、自賠責保険証、納税証明書の提出がありますので、こちらも忘れずに用意が必要です。